トップ > 農業者年金制度のご案内

農業者年金制度のご案内



「農業者年金制度とは?」
農業者年金制度は、「農業者の老後生活の安定及び福祉の向上と農業者の確保に資すること」を目的とする公的年金で、農業者に広く門戸が開かれた制度です。
農業委員会組織とJAグループが政府に働きかけて、1970年(昭和45年)に農業者年金制度が創設され、2002年(平成14年1月)に現在の制度(新制度)となり、農業委員会組織、JA組織が連携して農村現場への周知徹底と加入推進を行っています。
農業者の豊かな老後を支える農業者年金は、経済社会情勢が変化しても変わらぬ魅力を持ち続けています。


「農業者年金」にはメリットがいっぱい!
〜農業に年間60日以上従事する方なら加入いただけます〜

1. 農業者なら広く加入できます。
2. 少子高齢化に強い積立方式(確定拠出型)の年金です。
3. 保険料額は自由(月額2万円〜6万7千円)に選べます。
4. 終身年金です。80歳前になくなった場合は死亡一時金が遺族へ支給されます。
5. 保険料の全額社会保険料控除など税制面の優遇措置があり、節税効果があります。
6. 一定の要件を満たす農業者には保険料の国庫補助があります。

独立行政法人農業者年金基金のホームページはこちら
農業者年金基金HP